【ゲゲゲ忌2019】 ご紹介

2019/11/1

ゲゲゲ忌2019

「水木マンガの生まれた街 調布」では,2015年にご逝去された名誉市民・水木しげるさんのご命日である11月30日を「ゲゲゲ忌」とし,水木しげるさんのご功績を称えるイベント等を開催します。

現在「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)が放送中であることから,アニメに関連した楽しいイベントも開催します。

期間

11月23日(祝日・土曜日)~12月1日(日曜日)

内容

①アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」51周年上映会inシアタス調布(11/23~12/1)

②ゲゲゲのスタンプラリー《市内13か所》(11/23~12/1)

③イベント

 ゲゲゲ横丁(11/23)

 ゲゲゲの森(11/23・11/24)

④ゲゲゲ忌限定特別御朱印《布多天神社》(11/23~12/1)

⑤ゲゲゲギャラリー,献花台《文化会館たづくり1階》(11/23~12/1)

⑥商店街,企業での取組《フラッグ,のぼり旗 ほか》(11/23~12/1)

⑦調布パルコ《鬼太郎茶屋出店》(11/20~12/2)

⑧市立小中学校,公立保育園の給食特別メニュー

⑨カランコロンウォーキング(11/24)

⑩議場コンサート(11/29)

⑪市職員等による鬼太郎ちゃんちゃんこ、オリジナルネックストラップ着用(11/23~12/2)

ほか

水木マンガの生まれた街 調布

調布に50年以上在住し、名誉市民である漫画家・水木しげるさん。

数多くの人気漫画を世に生み出し、特異な世界や妖怪たちを独特の感性で描いてきました。2015年に現世での生涯を閉じましたが、今はあの世で妖怪たちとの生活を楽しんでいるかもしれません。

この記事のお問い合わせはこちら

人気記事 / RANKING