調布市×「ゲゲゲの鬼太郎」第6期聖地巡礼マップVOL.3発行

2019/3/10

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」50周年記念

調布市は、「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者である調布市名誉市民・水木しげるさんが50年以上在住した「水木マンガの生まれた街」です。

現在放送中のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期には、調布市内のスポットや調布を舞台に描かれたシーンがたくさん登場しています。
そこで、調布市観光協会では、アニメを通して「水木マンガの生まれた街 調布」に親しみ、登場したスポットを巡って楽しんでもらうため、聖地巡礼マップVOL.1(平成30年8月発行)、VOL.2(平成30年11月発行)を発行しています。

このたび、新たに聖地巡礼マップVOL.3を発行しました。アニメの登場シーンと実際のスポットを見比べながら、「水木マンガの生まれた街 調布」の散策をお楽しみください。
(現在、聖地巡礼マップVOL.1、VOL.2も配布中です。)

発行物

調布市×「ゲゲゲの鬼太郎」第6期聖地巡礼マップ VOL.3

(平成31年3月10日(日曜日)から配布)

配布場所

・調布市観光案内所「ぬくもりステーション」(調布駅前広場) 土曜日・日曜日・祝日 午前9時から午後4時まで
鬼太郎茶屋(調布市深大寺元町5-12-8) 午前10時から午後5時まで(月曜定休(月曜祝日の場合は翌日振替))
調布市役所産業振興課(調布市役所3階) 平日 午前8時30分から午後5時15分まで

発行

調布市観光協会

協力

(c)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

この記事のお問い合わせはこちら

人気記事 / RANKING