映画のまち調布 シネコンオープン記念 甲冑・姫衣装を着て時代劇俳優なりきり体験!!

2017/8/5

映画やテレビで使われた甲冑や姫君衣装を着用して、石田三成陣営をイメージしたステージや、
ブルーバック合成できる撮影ブースで写真撮影ができる「映画のまち調布」ならでは体験イベント!
映画「関ヶ原」で使用された甲冑や大砲等の展示や調布の映画・映像関連企業スタッフによるトークイベントも!

  • 日時:2017年10月1日(日)10:00~16:00
  • 会場:文化会館たづくり エントランスホール(1階)
  • 参加費:無料


◇甲冑・姫衣装着用 【本格体験】 要事前申込み

  • 定員:大人、子ども 各20人
  • 体験時間:約40分(着付け等にかかる時間約20分を含む)
  • 申込:電話042-441-6171(受付時間:9:00~17:00)または申込フォームから受付 ※申込多数の場合は抽選
  • 当落通知:メール(電話)で9月10日(日)までにお知らせします。
  • 集合場所・時間:当選者に別途お知らせします。
  • 応募締切:8月31日(木)

注意事項
・着用する甲冑、姫君衣装の色、形などの指定はできません
・受付時にご希望の時間帯をお伺いしますが、ご希望に添えない場合もありますので、予めご了承ください。


◇簡易体験

服の上から簡単に着られる簡易型甲冑、姫君衣装は事前の申込は不要、当日参加OKです!
本格体験と同様にステージや、ブルーバック合成できる撮影ブースで写真が撮影できます。
※ 撮影ブースは、予約者優先


◇トークイベント

調布市を代表する映画人によるトークイベント!
司会とゲストには、調布が地元の石原プロモーションから、石原軍団の若手俳優さんたちが出演予定!

  • 日時:10月1日(日) ※各回約30分
  • 会場:文化会館たづくり エントランスステージ(1階)
  • 司会 金児憲史(株式会社石原プロモーション)※予定
  • 詳細は8月中旬頃発表予定


◇展示

映画「関ヶ原」で使用した大砲などの大道具、映画で使用された甲冑等を展示。
「映画のまち調布」の歴史についてもパネルで紹介します。

  • 会期:2017年9月29日(金)~10月9日(月)
  • 時間:8:30~21:30
  • 会場:文化会館たづくり エントランスホール(1階)


◇開催にあたり

2017年9月29日(金)、調布駅前にシネマコンプレックスがオープンします。
調布市では、これを契機に、映画・映像を活用したまちづくりを新たに構築することになりました。
「映画のまち調布」の強みは、映画制作の長い歴史があり、今なお多くの企業が映画・映像を作り続けていることだと考えます。
本事業はシネコンオープンを記念するとともに、「映画・映像がつくられるまち」の魅力を発信するイベントとして市内企業、団体と連携して開催します。
先般、公表したとおり毎年3月に開催していた調布映画祭は、今年度リニューアルのためお休みをいただきますが、
本事業を含め”つくる””楽しむ””学ぶ”をコンセプトに、映画と人、人と人をつなぐことで、
新しい価値をつくり出す映画イベントを企画してまいりますので、今後の「映画のまち調布」にご期待ください。

主催:公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団、調布市
後援:京王電鉄株式会社、調布市自治会連合協議会、調布市商工会、調布市
観光協会、調布市教育委員会、調布パルコ、調布市国際交流協会
協力:高津装飾美術株式会社、イオンシネマ シアタス調布、調布FM 83.8MHz、J:COM、調布企画組、株式会社アーク・システム、株式会社石原プロモーション

お申込み、詳細は財団ホームページ↓
http://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=8739

文化会館たづくり

大きな地図を見る>

この記事のお問い合わせはこちら

人気記事 / RANKING